2006年05月28日

債権質について

債権について質権を設定するもので、実務上、質権の中でも多く用いられている。

債権質設定の合意で足りるのが原則であるが、譲り渡すのにその証書の交付が必要な債権を質権の目的とするときは、証書を交付することによって効力が生じる。

指名債権の場合は、債権譲渡の対抗要件の規定が準用されている。

質権者は、質権の目的である債権を直接取り立てることができる。そして債権質者は、質権の目的である金銭債権の弁済期が、質権者の債権の弁済期の前に到来したときは、第三債務者に対して、弁済をすべき金額を供託させることができる。


知力がついたらクリック→人気blogランキングへ
posted by ピンキー at 22:36| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 民法等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18521400

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。