2006年05月22日

保証人が主張できること

1.催告の抗弁権、検索の抗弁権を有する(保証債務の補充性)

ア)催告の抗弁権

債権者が主たる債務者に催告せずに直接歩調人に請求した場合、保証人は、「まず主たる債務者に催告せよ」と主張することができる。ただし、主たる債務者が破産手続開始の決定を受けたり、行方不明である場合には、この抗弁権は使えない。

イ)検索の抗弁権

債権者が主たる債務者に催告をした後であっても、保証人は、次の事実を証明することにより、「まず主たる債務者の財産から執行せよ」と主張することが出来る。

1)主たる債務者に弁済をする資力があること
2)執行が容易であること


2.主たる債務者の有する抗弁権を主張することができる

3.主たる債務について消滅時効が完成した場合、保証人は消滅時効を援用することができる(主たる債務者が時効の利益を放棄しても、保証人は時効完成を主張して保証債務を免れることができる。)

4.保証人は、主たる債務者の有する反対債権を自動債権として、相殺をすることができる。




応援よろしくお願いします→人気blogランキングへ
posted by ピンキー at 22:38| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 民法等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。