2006年05月22日

連帯債務の論点

連帯債務の効力

1.相対的効力

原則として、1人の連帯債務者について生じた事由は、他の連帯債務者に影響を与えない

例)取消し、無効、承認、期限の猶予

要するに連帯債務負っているA,B,Cがいるとき、Aが承認をしたとしてもB,Cの債務の消滅時効は中断されない。




2.絶対的効力

例外として、1人の連帯債務者について生じた事由の効力が他の連帯債務者に対して影響を与える場合がある。

@弁済・代物弁済・供託など

連帯債務者の1人が弁済などをして債務を消滅させると、他の連帯債務者も債務を免れる。

A相殺

連帯債務者の1人が債権者に対して反対債権を有している場合、相殺すると弁済したのと同じ効果が生じるので、その分だけ他の連帯債務者は債務を免れる。また他の連帯債務者は、反対債権を有する連帯債務者の負担部分に限り、それを用いて相殺することができる(判例)

B時効

連帯債務者の1人について時効が完成すると、その者の負担部分について他の連帯債務者も債務を免れる。

C免除

債務者が連帯債務者の1人に対してその債務の全額を免除すると、その者の負担部分について他の連帯債務者も債務を免れる。

D請求

債務者が連帯債務者の1人に対して請求すれば、他の連帯債務者も履行遅滞に陥り、また、消滅時効が中断される。

E混同
F更改




応援よろしくお願いします→人気blogランキングへ
posted by ピンキー at 22:24| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 民法等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18225416

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。