2006年05月21日

無過失責任が問われるケース

1.金銭債務

履行遅滞しか認められず、債務者は不可抗力によることを証明しても、責任を負わなければならない。

2.売主の担保責任

買い主を保護するために、特に売り主の担保責任が認められ、売主は過失の有無を問わず責任を負うとされている。

3.無権代理人の責任


4.委任者の責任

受任者が委任事務を処理するにあたって、自分に過失がないのに損害を受けたときは、委任者に対してその損害の賠償を請求することができる。


5.工作物責任(所有者の責任)

土地の工作物(建物など)の設置又は保存に瑕疵があったために他人に損害を与えた場合は、その工作物の占有者(実際に使っている者)がその被害者に対して賠償する責任を負う。ただし、占有者が損害の発生を防止するのに必要な注意を尽くしていたことを証明したときは、その工作物の所有者が損害を賠償しなければならない。


応援よろしくお願いします→人気blogランキングへ
posted by ピンキー at 01:38| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 民法等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。