2006年05月21日

買戻し特約

目的物:不動産に限る


時期:売買契約と同時にしなければならない


期間:10年以内。後日期間の伸長はできない。期間を定めない場合は5年以内。


買戻し代金:売買代金に契約の費用を加えた額(利息は原則として不要)


対抗要件:契約と同時に買戻しの特約を登記するべし(付記登記)




応援よろしくお願いします→人気blogランキングへ
posted by ピンキー at 01:17| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 民法等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18149187

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。