2006年05月20日

契約

契約とは、原則として「申込み」と「承諾」という当事者の意思表示の合致によって成立する。契約書の作成は、契約の成立とは関係ない。


契約の成立のためには、契約書の作成は不要であるが、後のトラブルを防止するために契約書を作成する場合が多い。契約費用は、当事者間で取り決めがない場合、双方が等しい割合で負担する。

注意:契約費用は当事者負担であるが、弁済費用は債務者負担、ただし、増加費用は債権者負担である。



応援よろしくお願いします→人気blogランキングへ
posted by ピンキー at 13:57| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 民法等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。