2006年06月15日

賃貸借契約(民法の場合)その2

存続期間

1.期間を定める場合
 
 最長期間20年。20年を超えて定めても20年。(民法上)

2.期間を定めない場合

 当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。
 解約申入れ後

土地…1年
建物…3ヶ月
動産…1日

 で賃貸借契約は終了。
posted by ピンキー at 00:05| 大阪 ☁| Comment(17) | TrackBack(0) | 民法等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

賃貸借契約(民法の場合)その1

賃貸人は目的物の使用に必要な修繕を行う義務があり、賃借人は目的物の保存に必要な修繕を拒むことはできない。


賃借人は、必要費を直ちに償還請求することができる。これに対して、有益費については、賃貸借契約終了時に、その価格の増加が現存する場合に限り、賃貸人の選択により、支出額又は増加額を償還しなければならない。


有益費とは…物の価値を増加させるためにかかった費用のこと。


賃貸借契約が終了した場合、賃借人には、目的物の返還につき原状回復義務がある。


民法における不動産の賃借権の対抗要件は、賃借権の登記である。


賃貸人が賃貸不動産を第三者に譲渡した場合、賃借人が賃借権の対抗要件を備えているときは、賃貸人の地位が、当然に新所有者に移転する。←これは判例
posted by ピンキー at 22:28| 大阪 ☀| Comment(14) | TrackBack(0) | 民法等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。