2006年05月21日

無過失責任が問われるケース

1.金銭債務

履行遅滞しか認められず、債務者は不可抗力によることを証明しても、責任を負わなければならない。

2.売主の担保責任

買い主を保護するために、特に売り主の担保責任が認められ、売主は過失の有無を問わず責任を負うとされている。

3.無権代理人の責任


4.委任者の責任

受任者が委任事務を処理するにあたって、自分に過失がないのに損害を受けたときは、委任者に対してその損害の賠償を請求することができる。


5.工作物責任(所有者の責任)

土地の工作物(建物など)の設置又は保存に瑕疵があったために他人に損害を与えた場合は、その工作物の占有者(実際に使っている者)がその被害者に対して賠償する責任を負う。ただし、占有者が損害の発生を防止するのに必要な注意を尽くしていたことを証明したときは、その工作物の所有者が損害を賠償しなければならない。


応援よろしくお願いします→人気blogランキングへ
posted by ピンキー at 01:38| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 民法等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

債権者代位権

1.債権者代位権による錯誤無効の代位行使

2.債権者代位権による時効中断の代位行使

3.登記請求権(保存・移転・抹消)の代位行使

4.妨害排除請求権の代位行使


債権者の代位権は、裁判上でも、裁判外でも行使できる!!


注意:債権者取消権は、必ず裁判によって行使しなければならない。



応援よろしくお願いします→人気blogランキングへ
posted by ピンキー at 01:28| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 民法等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

買戻し特約

目的物:不動産に限る


時期:売買契約と同時にしなければならない


期間:10年以内。後日期間の伸長はできない。期間を定めない場合は5年以内。


買戻し代金:売買代金に契約の費用を加えた額(利息は原則として不要)


対抗要件:契約と同時に買戻しの特約を登記するべし(付記登記)




応援よろしくお願いします→人気blogランキングへ
posted by ピンキー at 01:17| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 民法等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

瑕疵担保責任

善意かつ無過失(判例)の買主は、損害賠償請求ができ、契約の目的を達することが出来ない場合は解除もできる。


行使期間は、事実を知ったときから1年以内である。


なお、「瑕疵」には、物理的瑕疵のみならず、法律的な瑕疵も含まれる。



応援よろしくお願いします→人気blogランキングへ
posted by ピンキー at 01:12| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 民法等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。